仕事内容も様々!?いろいろな代理店の仕事

代理店とはどんな仕事をするのか

代理店とは取引の代理を行う法人や店の事を指しますが、これらの業務には様々な種類があります。一般的に良く知られている保険代理店や旅行代理店のようなサービスを提供するのが主な業務の場合もあれば、企業のセールス部門を任せられている代理店などもあります。代理店で行う業務の共通点としてはサービスや商品の売り込みを請け負うという事が共通点となります。このため個人経営から法人経営まで様々な代理店が存在しています。

保険代理店は個人でもできる

保険代理店は法人で行なっているケースもありますが、個人でも請け負う事ができます。保険商品を契約した際の手数料がその利益となるので、売り込む数が多ければ多い程収益が上がっていきます。保険代理店を個人で請け負った場合には労働時間も比較的自由になりますのでプライベートを充実させながら働く事が可能です。保険代理店の場合売り方のコツと売る場所を見極める力をつけることでどんどん売っていけるので利益もそれだけ大きくなります。

代理店の仕事はフランチャイズでもできる

代理店の仕事は自分ですべて行うのではなくフランチャイズで運営する方法もあります。フランチャイズの代理店ならば親企業からアドバイスや金銭面での支援を受けながら営業を続けることが可能です。フランチャイズ料を払う必要がありますが、その分安心して店舗経営ができるので初めて代理店で働く方には安心の精度です。フランチャイズの場合は開業準備資金も少なくて済みますのでまず代理店を開業したくなったらフランチャイズが一番です。

代理店によって、業種が異なりますので、それぞれの違いを把握して、自分に適性があるかどうかを確認すべきです。